セサミンと抗酸化作用

人は年を重ねると伴に細胞核が傷つけられることで細胞が死滅したり老朽化、突然変異を起こしたりします。そして身体がスムーズに機能しなくなることでやがて血中にあるLDLコレステロールを酸化させ血管老化へと繋がっていきます。

細胞が老化することで身体全体が影響をうけ健康な細胞までも酸化されやすくなり身体は老化が進行しやすい環境へと引き寄せられてしまいます。

このような環境になってしまってからでも抗酸化作用のあるサプリメントなどを摂取し続けていくことで身体は抗酸化作用の働きをサポートし活性酸素から身を守り酸化しにくい体質へと導いていきます。

抗酸化作用をもつ食品はアボカドやニンニク、ショウガ、そば、アーモンド、ごまなどが代表的な食品としてあげられます。なかでもゴマはゴマの中に含まれてるゴマリグナンという成分が抗酸化作用に非常に優れこの成分に特化した製品としてセサミンサプリメントとしても発売されています。

ゴマの中には6種類の抗酸化物質が含まれています。一つはセサミン、そしてセサモール、セサモリン、ピノレジノールの6種類です。これらを総称してゴマリグナンと呼ばれています

ゴマは食事からでも十分に摂取することが可能ですが独特な風味と食感が苦手で規定の摂取量を得ることが出来ないなどカロリーが気になるなど様々な理由からゴマを直接摂取することが難しい方は定期的に摂取することが困難です。そんなときにはサプリメントなどで効率的に摂取することをおすすめします。

↑ PAGE TOP